toggle

散文

  • 都会の夜の川の絵
    2020年02月03日

    詩「反転」

    「反転」 七月の真夜中の東京 道路の傍で立っていると タクシーボートが夜の流れに乗って近づいて来るのが見えた 屋根も囲いもない銀色のウ...

  • 青くゆらめくクラゲの絵
    2020年01月19日

    散文「いってらっしゃい」

      海の見える二階の部屋で 二人は話をしていた。 二時間ほど話してから ぼくは言った。 「ちょっと トイレに 行ってきます。...