toggle

俳句

  • 12月カレンダーの絵
    2022年01月22日

    今月の俳句「十二月」2021

    上げ底の月ぞ 師走は 床屋行く 十二月も半ばを過ぎると 今年も終わりという感がつよくなる。 二十日を過ぎるともう新たに仕事を始めること...

  • オリーブの木の絵
    2021年12月10日

    今月の俳句「十一月」2021

    シーソーに 小鳥留まりて 山の町 小鳥は 秋の季語。 人は幸福と不幸のシーソーに載って 少しでも幸福に傾きたいと願っている。 しかし小...

  • 2021年11月15日

    今月の俳句「十月」2021

    台風の 風豹の子ら 窓に鳴く 台風当日の窓からはヒュヒューと風の音がしきりに聞こえてくる。 それが私には猫科の動物の子らの声のようにき...

  • マラソンの絵
    2021年10月11日

    今月の俳句「九月」2021

    明るさへ 伴走者となでしこと 観客と 2021年9月5日 日曜日 東京パラリンピック最終日に行われたマラソンの最後を飾った 視覚障害 ...

  • ミニトマトの絵
    2021年09月06日

    今月の俳句「八月」2021

    いろいろと 長き八月 聖火落つ 今年の夏は例年よりも何か長く感じられる。それはいろいろとあったせいだろう。 コロナに オリンピック、西...

  • メロンの絵
    2021年08月14日

    今月の俳句「七月」2021

    膨らます 芝生の海と 夏の雲 知人がコロナで外出がままならぬこの夏 六歳の孫娘のためにビニールのミニプールを連日ふくらませているとのこ...

  • カサブランカの絵
    2021年07月06日

    今月の俳句「六月」2021

    夏至暮るる 風の向こうの 街の声 夏至といっても 案外 雨天や曇りの日が多いものだが、今年の消しは 美しい夕映えに 恵まれた。気持ちの...

  • 2021年06月08日

    今月の俳句「五月」2021

    窓開あいて ギター教室の 五月かな ギター教室の生徒が自分の課題曲や合奏のパートを思い思いに練習している。 クラシックギターの弦楽の響...

  • コーヒーメーカーの絵
    2021年05月11日

    今月の俳句「四月」2021

    点字撃つ ゴミカレンダーの四月から 日々持ち込まれる回覧板の中で最も重要なお知らせはゴミカレンダーだと言ってもいいだろう。 これなしで...

1 2 5